Category Archives: 撮影テクニック

横から当てる料理写真のセッティング例

さて、かなり久しぶりの更新です<(_ _)>

それで本日はライティングのセッティングのお話です。先日、日本橋のラヂマルさんの料理写真の撮影をする機会がありましたのでそのときのライティングの話です。

早速ですが料理写真の撮影のセオリーとして「被写体(料理)の向こう側からあてる」というのがあります。これはこれでここ数年のトレンドですし、料理の場合は概ね被写体の向こう側から光を当てるライティングが主流のように思います。当然、それに対して異論を唱えるわけではありませんが、そんな都合の良い撮影環境ばかりではないと思いますので今回はあえて「真横」で撮ってみました。

セッティングは一種類です。

大きなソフトボックスと、その向かい側に大きめのレフ板です。大きなソフトボックスは大きな光源であるとともに、「疑似窓」としての役目、大き目なレフ板は影付きを和らげるためです。むろん、レフ板も大きければそれだけ「大きな光源」になりますからね。

それでなぜこういうセッティングにしたかというと、撮影するときのワーキングスペースを確保するためです。この設定なら正面に対して上下左右自由にアングル変えて撮れるんです。

ちなみに背景を白背景にしていますが、これはあってもなくてもかまいません。撮影しながらクライアントに確認し、不要なら外します。ちなみにこのセッティングで撮るとこういう感じです。

左側に影が出てますが、大きな光源で挟んでいるので柔らかい影付きです。また、上下に動けるスペースがあるので俯瞰撮影もそのままいけます。

それで今回はランチ(5種類)とメイン料理数種類を撮影です。皿の大きさや高さもけっこうな種類があり、料理に合わせてアングルを微調整しないとなりません。たとえばこちら;

こちらはこんな感じで撮ります;

また、料理の奥側から当てていないため、手前にレフ板を置く必要がないのでローアングルもそのままいけます。

こうしてこのライティングだと割とテンポよくバシバシ撮れます。むろんテザー撮影してますので時折クライアントに確認しながら「ちょっと違うなぁ・・・」と言われてもすぐに微調整して撮れます。

また、割と盲点ですが次の写真のような「深さのある器の料理」;

こういう料理(というか器)の場合、中の料理に光が入りづらいのですが、このライティングならレフ板を持ってもらうことで撮りやすくなります。

これは奥側からのライティングだと、カメラマンが撮るアングルにかなり制約が出るので撮りづらいと思います。

そしてこのライティングのポイントは大きな光源を使い、撮影アングルに自由度があるので、「あえて余白を作る撮り方」も簡単です。

どうでしょうか。

(まとめ)

・ライティングのセオリーは大事だが、あえて崩す柔軟性も時には必要。

・撮影意図や撮影プランを考えてセッティングを決める。

・光源サイズをうまく利用する。レフ板も大きければ「大きな光源」としての効果がある。

今回紹介したライティングが正解ということではありません。あくまで「考え方」としての例です。このブログやワークショップで言い続けている「原理原則の応用でしかない」ということです。

ご参考まで。




Pモードの応用

以前、被写体露出と背景露出について説明しました。

要するに、被写体と背景の露出を別々に考えることで露出をどう決めるか、ということです。それで「そんなこと言われても・・・」とか「難しそうだから・・・」という方向けにちょっとしたテクニックをご紹介します。

今の一眼デジカメにはいろいろな撮影モードが搭載されていますが、その中に「P」と書かれているモードがあると思います。これを「Pモード」とか、「プログラムモード」とか「プログラムAE(AEはAutoExposureの略)」と言って、カメラが自動的に露出を決めてくれるモードです。ちなみにこのモードでは内蔵ストロボは勝手に発光しません。

このモードを使って背景露出を決めるわけです。ひとまずどうやるか説明します。

まず、カメラの設定をPモードにして撮影します;

測光方式にもよりますが、カメラが適正露出と判断した結果がこれです。ちなみに設定はF4.0、1/40、ISO100でした。

次に恐らくどの一眼デジカメにも付いている機能だと思いますが、「露出補正機能」を使って全体の明るさをコントロールします。最近のカメラは上下に±3段分くらい調整可能だと思います。また、カメラの液晶モニタでも補正量を確認できるようになっている機種が多いと思います。

機種によってはファインダーの中にも表示されます。

さて、そこで最初に撮った「スタート地点の一枚」を明るくするのか、暗くするのか決めて再度テスト撮影をします。

●一段分明るく

この時のカメラの設定はF4.0、1/40、ISO200です。そこで次に一段暗くしてみます。

この設定はF5.0、1/50、ISO100です。整理すると;

・一枚目:F4.0、1/40、ISO100(±0段(スタート地点))

・二枚目:F4.0、1/40、ISO200(+1段)

・三枚目:F5.0、1/50、ISO100(-1段)

となりました。それでこれは以前説明した「みんな嫌いな『段』の話」と全く同じ考え方です。それを自分でやるのか、カメラが自動でやるかの違いです。

ここでは背景を明るくしたいので「+1段」を選びます。

明るいですが被写体(ぬいぐるみ)が暗いのでここでストロボを使います。

光量はひとまずガイドナンバー58のストロボで1/32に設定しました。ちょっと明るすぎるかな?ということでストロボの光量を一段落とします。

微妙な違いにも見えますが、光量を一段落としたことで自然な光量になった(?)と思います(※ここは主観なのでさほどナーバスに比較しないようにw)。

それでこの「ストロボの光量を調整する」というのは「フラッシュエクスポージャー」の考え方と同じですし、、被写体露出と背景露出の説明の時にも触れています。

さて、どうですか?おそらくこの方法ならば難しく考えなくてもできると思います。

(まとめ)

・とりあえずやってみるならPモードを使うと割と簡単にできる。

・ただ、仕事や具体的な撮影意図があるときはそれぞれの要素を自分で決める必要がある。あくまでこの方法は参考程度に。

難しいと思ってまだチャレンジしてない方はもちろん、上級者でも背景露出がイマイチ決まらないという方も一度試してみると良いと思います。

ひとまず。

(ワークショップについて)

4/25開催のワークショップですが、募集中ですので興味のある方は是非。

基本的に当ブログを繰り返し読み、実際に試せば理解はできると思っていますが、やはり過去の受講者の方たちの反応を見ていると、読むだけよりも実際に「体感すること」で理解が深まったり、しっかり自分の知識になります。

ちなみに申し込みされた方には「事前に予習すること」と「分からないところを整理しておくこと」を強く推奨しています。そのほうが何も準備をせずにワークショップに参加するよりも、支払った価格以上の価値を得ることができるからです。




ワークショップの告知と小ネタ

さて、今回はワークショップの告知と小ネタです。

次回、ワークショップは来年の1月24日(土)を予定しています。開催概要はこちらでご確認ください。開始時間は14時を予定しています。

  • 日程:1/24(土)
  • 時刻:14:00~17:00(延長の可能性アリ)
  • 場所:UNPLUGGED STUDIO Shibuya
  • 費用:22,000円(税込み)
  • 定員:5名(定員に満たなくても募集を締め切る場合があります)
  • ※終了後は希望者がいれば「懇親会」と称して飲み会を開催します(費用は単純にワリカンです)。

内容についてはみなさんご存知かと思いますが、下記でご確認ください。

ワークショップのご案内

ちなみにです毎回カリキュラムの修正をしているので、若干記載の内容と違う場合がありますので。

ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

---

さて、小ネタ、です。小ネタと言っても割と重要なポイントです。ならば1つのトピックスとして取り上げるべきとも思うのですが、これが紙面の制限と言いますか、面倒なのでシンプルに、あまり深掘りしない感じで説明します。

それで何かというとストロボ光と自然光のミックス光での撮影です。これは時折質問頂くのですが、けっこうドツボにはまる方もいるようです。ただ、常日頃言い続けてますが、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ストロボ光量、この4つの相関関係でオフカメラストロボの設定は決めます。これ以外に何もないです。

端的には以下のチャートに集約されています。

 

それで、前述したストロボ光と自然光の下で撮影した場合、よく外光が暗くなるというものです。特に窓越しの光がつぶれてしまうことが多いようです。

●F5.6、1/125、ISO200

これは撮影した時間帯のせいで窓の外が暗いのですが、やはり窓の外を明るくする場合どうするか?分かるとあっさりわかるのですが、なかなか気付かない部分です。

ちなみに絞りとストロボの光量は一定です。

●F5.6、1/15、ISO200

こちらはシャッタースピードを1/15に変えた例です。1/125から3段分明るくなってます。全体も明るくなりますが明らかに窓の外が明るくなっているのが分かると思います。チャートのシャッタースピードのところに「環境光をコントロール」というのはそういう意味です。

さらに、今度はシャッタースピードとISO感度も変えてみます。

●F5.6、1/60、ISO400

さて、どうでしょうか?上記2つの露出は同じです(※理論上ね)。これが前述した4つのパラメーターの組み合わせである、ということになります。

---

このあたりについてはもっと深掘りして解説したいところですが、これがけっこう面倒なんですwこの辺は小手先のテクニックと言うよりも原理原則をがっちり理解してないとなかなかたどり着けない部分ですし、それを一から文章で説明するのは労力がかなり必要、ということです。

ただ、以前からワークショップでやらないとならないと思いつつ、一度試しに入れたのですが時間の制約もあってなかなか正式にカリキュラムに入れられない「隠れたツボ」です。

ご参考まで。。。




天井の低いところで俯瞰撮影ライティング

さて、久しぶりの更新です。

ストロボライティングのテクニックの一つに「バウンス発光」というのがあります。ただ、理屈はソフトボックスもアンブレラもこのバウンスと同じ原理です。

それで今回は天井の低い場所で大きな被写体を俯瞰撮影するときにバウンス発光をやってみましょう、というお話です。

今回の被写体は直径55cmのオパライトのケースなのですが、広げると直線にして120cm近くあります。

このサイズになると全体をカバーできるソフトボックスもありませんし、そもそもソフトボックスを上から当てても当事務所のスタジオの天井光は2.4mしかありませんので俯瞰気味に撮ろうとするとソフトボックスが邪魔して撮れないのです。

また、大型のアンブレラを両サイドに二本立てることも考えましたが、光の周り方にムラが出るのと、撮りづらいわけです。そこで天井に直接バウンスさせたわけです。

セッティングはこんな感じです;

被写体が大きいのでストロボを二本使っています。こうすることで天井自体が光源として使えます。一方、ストロボが一本だけだと;

当てる角度次第ではありますが、被写体の大きさに比して光量も足りず、光の回り方にムラが出ます。なので天井全体を使って大きな光源を作ったというわけです。

こうして見ると目測ですが幅3m超、長さ2m超の光源というのは光も柔らかく、光沢のあるような被写体にはムラ無く光が回ります。

そしてこの場合、天井をフルに使って大きな光源として活用することで撮影アングルに自由度が生まれます。

また、バックペーパー(2.7m)を完全にカバーする光源なので、大きめな被写体を並べても撮影の自由度は保てます。例えば;

被写体上部がいささか飛んでいますが、被写体全体に光が回っています。

こうしてみると「天井バウンス」というのは古典的なライティングテクニックですが、発想の転換次第では実用的なライティングと言えると思います。

(まとめ)

・天井が低いからといって俯瞰撮影ができないわけではない。

・バウンスは古典的なテクニックだが応用の幅は広い。

こんなところでしょうか。

(ワークショップ)

すみませんが、今月(6月)はワークショップの開催しません。一応、来月はやる予定ですが労力に比して希望者が少ないので未定です。

 




クイズ 白バック飛ばし

今月24(土)開催予定のワークショップは当事務所規定の申込者数に達しませんでしたの開催しないことにしました。でも、来月も開催の予定はしています(恐らく21日か28日あたり)。希望者がいようがいまいが一応毎月スケジュールに入れていきますので中止が続いても、タイミングが合わない方も全く気にしないでください。

ほんとそろそろ卒業生向けのイベント考えないとマズイ・・・。

(※卒業生の皆さんすみません!リクエストあればメールくださいね!単なる「飲み会」でもいいかしら??w)

それで今回はそんなワークショップの一コマでやっている「白バック飛ばし」の応用例をご紹介。

題して、「クイズ 白バック飛ばし」です。

そこでいきなり質問です。

Q1.白バック飛ばしは背景が白くないと撮れない?

す。

どうでしょうか?さらに立て続けに質問です。以下はいろいろな壁紙を想定したサンプルです。

Q2.この中で飛ばないのはどれでしょうか?

ちなみに横から見るとこうなってます。

ガッチリ色が付いていたり、凹凸のある壁もあります。恐らく皆さんの日常生活の中でよく見かけるタイプの壁だと思います。

さてどうでしょうか?

・。

Ans.全部飛ぶ

が正解です。

よく「壁が白くないと白バック飛ばしできないんじゃないですか?」と聞かれますが、ちょっとしたコツと言いますか、露出トライアングルとフラッシュエクスポージャーのバランスで多少色や凹凸のある壁でも白く飛ばせます。

また、壁に当てるときの角度なんかも重要になってきますが、実際のところ白く飛ぶ壁ってけっこうあります。

ここのところ「白バック飛ばし」がかなり一般的なライティングテクニックとして浸透しているように思い、個人的には面白く各種媒体を見ています。

(まとめ)

・白バック飛ばしは背景が白くなくてもできる状況は意外とある!

---

それにしてもまだまだ面白いネタがあるんですが、予算の関係もありつつ、そしてここのところ本当にバタバタしてまして、割と体はヒマなんですが、頭の中がもうグチャグチャなんです。その結果手つかずの業務が多数発生しているという始末。

とりあえず今回はこの辺でご容赦いただきたい<(_ _)>




開放で撮ってみる。

さて、久しぶりの更新ですが、今回はライティングの話からちょっと逸れて、「開放撮影」のテクニックです。

「開放撮影」というのはいわゆる「長時間露光」というやつでシャッタースピードを遅くし、シャッターを開放で撮影するという伝統的な撮影テクニックです。

レンズを絞り込む、もしくは減光フィルターを使うわけですが、考え方としては「露出トライアングル」と同じです。

一般的には夜景や暗いところでの撮影に使われるテクニックですし、実際にやったことがある方も多いと思います。ただ、そこを一歩踏み込んで使うと動く被写体を「消す」もしくは「流れるように」撮れるんです。

これはこれで知っておくと撮影意図の幅が広がるという訳です。

ただ、一つ面倒なのは時間帯や周囲の明るさ、動く被写体によってかなり制限を受けてしまうという点です。

実際のところ今回のサンプルは分かりやすいようにと思って早朝(5:30am頃)渋谷の交差点で撮ったのですが想像以上に人が多くて人影を完全に消せませんでした(T_T)ただ、そうは言いつつも「消えそうな雰囲気」は伝わるかと思います。

それでは説明します。まずは、普通に撮影するとこういう感じ;

早朝の渋谷駅前の交差点ですが、けっこう人がいますね。皆さん信号を渡る気満々です。そこで人が信号を渡り始めた時に撮影したのがこちら。

人が消えている(もしくは「消えそう」)ように見えません?か?

見た感じ「惜しい!」と言った感じもしますが、長時間露光するとこういうことができる訳です。

ただ、ちょっとおかしなのは絞りが「45」ということです。前述しましたが、露光時間を延ばすのは「被写体の動き」に依存するので露光時間が延びればそれだけ光の量が増えてしまいます。

ここはわかりますよね?

それでこの長時間露光の際に、光の量を減らすには減光フィルターを使うか、レンズの絞りを絞るしか無いのです。

ただ、一般的なレンズは絞りはせいぜい「F22」くらいまでです。それでは私は何のレンズを使ったか?

正解は「マクロレンズ」です。

ここで「マクロレンズ?」と思った方もいるかと思いますが、接写ができるというだけで、別にスナップ撮影にも使えます。また、今回使ったのはシグマの50mmマクロレンズですがこれは絞りがF45まで使えます。これだと被写界深度が犠牲になりますが、わざわざ減光フィルターを買う必要はありません。以前もマクロレンズを使った例を紹介しましたが、マクロレンズだからと言って接写にしか使えないという訳ではありません。こうしたトリッキーな撮影をするときはむしろ絞りがF45まで使えるというのは便利です。

と、いうことで開放で撮影するというのは知っていて損の無いテクニックですし、数回練習するとコツが掴めると思います。

ではまた。

(ワークショップの告知)

今月開催予定のワークショップですが募集中です。

今回も当事務所規定の人数が集まらなければ開催を見送ります。20日(火)頃に締め切るつもりですのでご希望の方はお早めに。

こちらもよろしくお願いします。




ソフトボックスの照射位置考察 ~後編~

さて、前回はソフトボックスを「横から当てる」というテクニックを紹介しました。

それで今回はちょっと小手先テクニックにはなってしまいますが「後ろから当てる」パターンについて紹介します。

まぁ、どちらかというと「横」をやったので一応「後ろ」もやろうかな、ということです。それで今回は以下の3パターン;

では早速見ていきます。

●Aのパターン

パッと見た感じ悪ふざけにも見えなくもないのですが、まぁ、そこは考察なのでね。

被写体から離れたところにありますが、それなりに光が当たっています。

これだけだとわかりづらいのでもう少し被写体に寄ってみます。

白く線を引いたあたりにリムライトっぽい光の感じが出ています。全体的に光が回っているように見えなくもないのですが、この程度なら撮影環境に依存する部分でもありますので一概には言えません。

ひとまず「こういうもんだ」くらいでいいのかな?とは思います。

さて、次。

●Bのパターン

こちらはAのときよりも被写体に近づいているのでよりリムライトとしての効果が出ています。

とりあえずこちらももう少し近くで見てみます。

さて、よく見ると前回の「横」と違い、被写体の正面全体に影付きはなく、全体的にフラットな感じの光が回っています。この写真だけで説明するのは難しいのですが、大きな光源から照射される光は被写体を被い包むように光が回る(ラッピング効果と言ったりします)性質があります。後述しますが最近の女性誌にはこのラッピング効果を使った撮り方しているものが増えているように思います。

●Cのパターン

単純に真後ろですが、これは「白バック飛ばし」ですね。いろいろなところで言っていますがソフトボックスは白バックとばしの背景に使えます(アンブレラでもできますが)。それで「ラッピング効果」について前述しましたが、背景の露出をオーバー気味にするとこういう効果が得られます。

被写体全体が白っぽく、なんというか「ほわーっとした感じ」と言いますか、白っぽくなっているのがラッピング効果の特徴です。これを言葉でどう表現するか難しいところですが、英語ではSilkyとかMilkyとか言うみたいです。ただ、この辺は表現する人のボキャブラリーに依存するところかとは思います。

---

いずれにせよソフトボックス、アンブレラ、いずれも「前から当てるだけ」ではなく撮影場所や広さなど、いろいろとバリエーションを増やせるシチュエーションは多いです。この辺は撮影時に「冷静に、落ち着いて現場を観察する」ことも必要ということです。

(まとめ)

・前から当てるだけがライティングではない。参考:「光は前から当てるとは限らない」

・撮影場所やスペースで臨機応変にセッティングすることでバリエーションが増やせる。

・白バックとばしの背景としてソフトボックスを使うというのは意外と使えるテクニック。

今回のところはこんなところで。

(蛇足)

22日開催のワークショップは当事務所規定の募集人数に達したので開催です。久しぶりなので当日までにカリキュラムの見直しとシミュレーションをするつもりです。私自身、このワークショップを繰り返し、受講者の方々のリアクション見ながら話方変えたりしてます。おかげでかなりしっかりと「原理原則」に徹底したカリキュラムになっていると思います。

ちなみに現時点で三月開催は未定です(私のスケジュール次第ですが、直前に告知しても誰も来ない可能性あるので迷っています)。

 




ソフトボックスの照射位置考察 ~前編~

今回は「ソフトボックスの照射位置」についてです。

ソフトボックスはアンブレラと違い、ちょっと高級なイメージのあるライティング機材であり、またアンブレラとは違って光に「指向性」があったり、グリッド付けることができたり「拡張性」があるのが特徴です。また、ディフューザー越しに面光源が作れるので「疑似窓」としても使われます。

そこで今回は応用例と言いますか、大胆に「前からではなく横から当てる」とどうなるかをご紹介します。

今回試したのは以下の4パターン;

被写体の真横一列です。けっこう基本的というか単純なことですが、これだけで「影の付き方」が変わるのと、一つしかない機材でもバリエーションを作る方法として覚えておくと良いです。

では早速;

●Aのパターン

ほぼ真後ろです。被写体の背面にうっすら光が当たる程度。

影付きが云々というよりはリムライトに近い光の塩梅です。

●Bのパターン

こちらは「真横」です。

モデルがぬいぐるみなので実際の人物撮影の質感を表現できていませんが、かおの中央から右側に影が付いています。影を強調し、陰影をはっきりさせたい、ちょっとハードなイメージで撮る場合なんかに使えそうです。

●Cのパターン

こちらは被写体よりも手前に設置しているパターンです。被写体にあたり光量自体はこの前の2つよりも少ないですが、表面の影付きが柔らかいです。

さて、ここでBとCの比較をしてみます。

どうでしょうか?違いがわかりますでしょうか?ついでに書いてしまうとここで見るべきポイントは;

・被写体の影付き

・背景の色(光の当たり具合)

です。

まず、被写体の影付きについてですが、「C」のように被写体の「表面を狙う方法」というのはsurfacingとか言って、ライティングテクニックとして存在しています。要するに被写体の表面に光を回り込ませるテクニックでこの効果の強弱は照射面積に依存します。

次に背景の色ですがCは背景よりも離れているのでグレー(すなわち光量落ち)になっています。ここのポイントは白背景をグレーっぽく見せたければ背景から離してやるということです。

そして最後に;

●Dのパターン

被写体から完全に離れた位置にソフトボックス置いてます。

4つのパターンの中で一番被写体に光が当たっていない(光量が少ない)わけですが、「光の周り具合」ではCよりも回っています。

---

こうしてみるとソフトボックス一つでも、設置位置によってバリエーションを増やすことができるというわけです。

(まとめ)

・ソフトボックス一つでバリエーションを増やすことはできる。

・アンブレラも同様に位置を変えることでバリエーションを作れるが、光の指向性に関してはソフトボックスの方が上。

・背景に回る光量をコントロールすることもライティングテクニックの一つ。

ひとまずこんなところで。